椅子と絵画と花贈与で問題となる法律は税法です。特に贈ることで受け取った側が納税しなければならない可能性があるので、そのあたりは贈る側、贈られる側双方がよく話をしておく必要があります。特定の人から110万円までと言う意味ではなく、その年で合計110万円までなので注意が必要です。

 
ただし、年間で非課税枠が110万円まであるので、その枠内での受け取りであればこの税金は課税されません。高額になりがちな土地や建物の相続税などのほかの税金対策にこの方法で節税を図る人がいます。土地や建物の持分を細かく分けて110万円の非課税枠で毎年少しずつ受け取ることで、将来発生する相続税を少しでも安くするという方法をする人がいます。

 
このように法律をしっかりと知っておけば、課税される税金を安く抑えることができたり、ちょっとした豆知識程度でも知っているだけでこうした法的な難しくなったり、お金の問題であったり、そうした問題を回避できる可能性があります。
ただ一般的に税法などに触れる機会は一般的にはないので、たとえば市役所や商工会議所などが開催している市民講座などに参加するなどして、多少なりともかじるだけでもいいので、これから発生しうる問題に備える方向性をしっかりと持っておくことも必要でしょう。