親族の分類

| 未分類 |

親族とは、6親等内の血族、配偶者、および3親等内の姻族の総称です。血族とは、自然的あるいは擬制的な血縁関係にある者をいいます。親子、兄弟姉妹のように実際に血縁関係にある者だけでなく、養親子のような法律的に血縁関係を擬制された関係を含みます。この血縁関係には、直系と傍系があります。直系とは、祖父母、父母、子、孫のように、血統が上下に直線的に連なるもであり、傍系は、兄弟、おじ、おば、いとこのように共通の始祖から分かれた血統が連なるものです。また、尊属と卑属との区別もあります。尊属とは、自己の父母や祖父母、およびその同世代の傍系の血縁関係にある者で、卑属とは、子や孫およびそれらと同世代の傍系血縁関係にある者です。自分と同じ世代にある兄弟姉妹、いとこなどはどちらにも属しません。姻族とは、婚姻を媒介とした配偶者の一方と他方配偶者の血縁関係にある者との関係をいいます。自分の子や兄弟姉妹の配偶者と自分との関係がこれに該当しますが、夫の父母と妻の父母との関係や兄の妻と弟の妻との関係は含まれません
こうした関係にあると民法上では、扶け合う義務や扶養義務、相続権、成年後見などの審判請求などといった法律上の義務や請求権限が発生することになります。