親族間の関係性を表すために親等というものがあります。これは自分に近い順に数えて親族間の遠近を表す、一種の単位といえます。例えば自分に一番近い父母、あるいは自分の子どもは1親等といいます。次に自分から2つ離れる祖父母や自分の孫が2親等となります。自分の兄弟姉妹も2親等です。これは家系図にしてみるとわかりやすいのですが、自分を中心にして次が父母、兄弟姉妹は父母の子どもなのでその次と考えます。同様にして3親等は曽祖父母、曾孫、さらにはおじさんやおばさん、甥や姪が含まれます4親等は高祖父母、玄孫、いとこや兄弟姉妹の孫も4親等となります。以下順に5親等、6親等と続いていきますが、法律上は血族6親等までが親族と呼ばれます。血族とは自分と血のつながりのある人たちのことです。これに対して自分の配偶者の血族を姻族と呼び、こちらは3親等までが親族となります。ちなみに数え方は、自分ではなく自分の配偶者を基点とする点を除けば血族と同様です。
通常に生活するうえでは誰が血族で誰が姻族か、あるいは親等が何親等になるかなど、意識することはおそらくないでしょう。しかし遺産相続の場合には、特に遺言状などが無ければ親等が近い順に相続人となることから、いざというときのためにはこのようなことも知っておいて損はないでしょう。