通常贈与

| 未分類 |

通常贈与とは、定期贈与や負担付贈与などの特殊な贈与以外の贈与で、当事者の一方が相手方に無償で財産を与える契約のことです。贈与契約は諾成契約なので、特別の方式は必要ありませんが、書面によらない贈与契約は各当事者が取り消すことができます。贈与者の軽率な行為を防ぎ、贈与者の意思を明確にすることにより、後日の紛争を防止するためです。書面は当事者の意思を明確にできればよいので、契約書のようなものである必要はなく、相手方に対し、贈与意思が明確になるような書面でよいとされます。書面によらない贈与でも、履行が終わってしまうと取り消すことができません。履行とは動産の引渡しや、不動産の登記、引渡しなどです。
贈与契約を締結した場合、贈与者には目的物の引渡し義務や不動産の場合の登記への協力義務などの財産移転義務があります。特定物の贈与では、引渡しまで善良な管理者の注意をもって保管しなければならないので、不注意で目的物を毀損すれば、債務不履行責任が発生します。贈与契約は無償契約なので、贈与者は担保責任を負わないのが原則ですが、目的物に瑕疵や欠陥があるのを知っていながら告げない場合には、損害賠償責任を負うことになります。