ある人物が亡くなった場合、その人の遺した財産は相続人によって受け継がれていくことになりますが、その権利があるとみなされる人物については民法によって定められています財産を受け継ぐ権利のある人物のことを民法では法定相続人といますが、財産を受け継げる範囲とその順位は続柄によって決められることになります。特に亡くなった人物の配偶者に関しては常に財産を受け継ぐ権利があるとみなされることになります。また、配偶者とともにその子供は財産を受け継ぐことになります。万が一、配偶者とともに財産を継承するべき子供がいないような場合、亡くなった人物の直系の尊属が配偶者とともに財産を受け継ぐことになります。つまり、ある人物が亡くなった場合の財産の継承は、その人物との関係性によって決められることになるのです
財産を遺すための手段としては、生前に特定の人物に対して財産の一部を移行させる贈与というかたちがありますが、贈与に関しては民法上の決まりはなく、誰に財産を遺してもいいことになっています。ただしこの手段によって財産を移行させていく場合財産を贈る側と贈られる側の関係性によっては控除の有無などに違いがあるので注意が必要となってきます。