贈与の意味と種類

| 未分類 |

現金や高額な品物をもらったときには、基本的には税金がかかります。
贈与税と呼ばれています。
財産をもらった者が、その事実の発生した年の1月1日から12月31日までの1年間に譲り受けた財産の金額に対して、税金が課せられるのです
この税金の対象となる財産には、現金や株券、不動産、生命保険金などがあります
逆に課税されないのは、親が子に対して与える通常必要と認められる生活費や教育費、社会通念上相当と認められる個人から受ける香典、花環代、年末年始の贈答などがあります。
なお、この税金は財産をもらった者ごとで計算しますので、複数の人から財産を譲り受けた場合には、全部を合算して税額を計算することになります。
また、親から二人の子供に財産を与えた場合も、もらった子供ごとに相続税を計算しなければなりません。
当然ながら、どちらか一方だけに全額を与えるよりも、二人の子供に分けて譲るほうが税額は安くなります。
ちなみに、物を譲るという行為は、片方の一方的な意思だけで成立するものではありません。
双方の合意があって成り立つものです
ですから、契約書や公正証書がなくても、単なる口約束であっても、当事者同士で合意すれば契約は成立するのです、